ずっと使ってきた(docomo契約で2年,MVNO契約で1年+α)XperiaZは、通常、余裕をもって2日/ぎりぎりなら3日程度電池が持つのでいうほど困らないんだけど、出張時には1日でも厳しい時があるのでバッテリーがもっと持つ(他はXperiaZ同等で十分)のはないかなぁと探していたら、最近中国系のスマホで6000mAhの大容量版があることに気づいた

■選定条件

・バッテリーが現在の2330mhAより増えること
 (中国製で3460mhAが出ているみたいだけど)
・画面が現在の5インチより大きくなること
 (とはいえ携帯性を考えると6インチが上限)

で、最終的にターゲットにしたのは、Oukitel K6000 Proという機種
このOukitel、過去からバッテリー容量が異様に大きいスマホをいろいろ 出しているスマホメーカーらしい
で、表題の EverByingのサイトから注文!

※実は注文してからいろいろ…①出荷予定日を1週間過ぎても連絡がなかった(いろいろ催促して2週間目に出荷の案内)②ちょい早い送付オプションを注文したのに勝手にオプション無し扱いになっていて、送料差額の返却もこちらが指摘するまで連絡なし…あったんだけど、結果的に納得いく形に交渉できたし、初期不良(こちらが一番怖かった)も無かったので省略。

■変えて良くなったところ


まずバッテリーの持ちが良くなった。余裕をもって4日/ぎりぎりで6日程度かな?ちなみに、旅行中に、GPSロガー(Geographica)を常時、ポケモン/GoogleMap/その他検索を随時の使い方でなんとか一日

画面は0.5インチしか大きくなっていないのだけど、気分的にはそれ以上の改善

指紋認証は期待していなかったのだけど、思ったより便利。電池の持ちと天秤にかけて将来的にどうするか決めていくつもり(多分使い続けると思う)

■変えて悪くなった所(想定外)


このスマホ、センサーが普通スマホと異なっていて、コンパスやジャイロが無い。コンパスの代わりにホールセンサというのがあるからこれで磁界を検出するのかと思ったら違うようで、地図アプリ使用時に停止すると方向がきちんと表示できない。まぁ、動いていれば大丈夫だし、本当に必要な時はアナログコンパスを提携すればいいのだけど。



上がK6000Proのセンサ情報で、下がXperiaZのセンサ情報
ジャイロは興味なかったのだけど、ポケモンGoのARはジャイロが必要だった様でAR表示ができない。ちょっと悔しい

Android5(XperiaZの標準は4.4,カスタムは5)からAndroid6に移ることの戸惑いがいろいろ。特に外部SDの扱いが厳しくなっているので従来動いていたアプリがそのままでは動かなかったりする。

■変えて悪くなった所(想定内)


FOMA+(WDCDMA-800MHz)をサポートしていない。カヌーで山奥でキャンプする時にFOMA+があると便利なんだけど、まぁいいか…って今回は捨てた。案の定、赤木川の河原は電波が届かなかった

MHL(USB経由HDMI)をサポートしていない。画面が大きくなったのでこのスマホで直接カーナビ(Y!カーナビ)しても問題ないんだけど、映画を再生する時にはもっと画面が欲しくなるかも