和田川&赤木川にキャンプがてら行ってきた。
去年(2015)は 和田川&赤木川高時川豊川と3回しか行っていない(キャンプは赤城川のみで他は日帰り)んだけど、今年は何回行けるかな


集合はいつも通りの志古ジェット船乗り場に09:00(早くないかい?)。過去あった台風被害の雰囲気はほぼ消えて以前通りの雰囲気。30分ほど早く着いたのだけどほぼ全員が到着済(Mor田さんとKur田さんは道の駅で前泊)。いつも通りぎりぎりに到着していたら一番最後になるところだった。
で、相談した結果、去年より水位が10cm程あるから楽に下れるだろう(これが間違い)ってことで去年より距離を伸ばして沈下橋まで下ることに。これは赤木川の最長ルート。
まずはスタートポイントで出発の用意。この後、沈下橋横に車を置いて1台でスタートポイントまで戻る。
嫁さんが崖(ここはアプローチが厳しい)を滑ってしまい手の皮をざっくり。Mor田さんの救急セットをお借りしてなんとかなったのだけど自分でもきちんと用意しないといけないなぁと反省


いつもの円陣を組んでKik川さん(別名隊長)の掛け声でスタート


和田川はあまり人工物が見当たらず、川がきれいとなかなか素敵なんだけど、水量が少ないのがネック。今回は水位があると思ったのだけど、結果的に去年と同じで何度もカヌーを降りて引きずるはめに


水位が少ないから、普通の川と異なるントロールが要求される訳で、失敗すると恥ずかしい状況になったりする

去年あった赤木川との合流ポイント直前の川消失(川の水がすべて河原の下を流れる)ポイントはなくなってただの浅瀬になっていた。ということは水量は増えている?よくわからん


赤木川と合流してからは水量も安定して快適な(体力は既に尽きているんだけど)ダウンリバーに。
息子はまだ元気だったみたいで岩から飛び込み


キャンプ予定の長井を超え(嫁さんは傷の為ここでリタイア)、 釣り師の瀬をやりこなし(今回はいつもと違って多少相性が悪い釣り師と遭遇)、やっと沈下橋が見えてきた…
Mor田さんと我々家族以外はこの後予定があるのでそのまま解散
Mor田さんと我々家族はこの後温泉、新宮で夕食(作るのが面倒だった)&買い出しした後、同じ河原でキャンプをしている月座さんグループと合流
Kur田さんは月座さんと家のリフォームの話で盛り上がる(月座さんは建築関係)。私は飲みすぎたのかあまり記憶がない^^;


翌日もどこかを下ろうって話だったんだけど、疲れたのでやめにして田戸の瀞ホテルで何か食べて解散することに。
知らなかったんだけど、北山川と十津川の合流から田戸までのルートが劇的に改善していた(ちなみに写真は田戸より向こう)。こりゃ楽だわ。ただし、田戸より西側は既に改善済なので状況変わらず(もう少し改善してもらえると嬉しいのだけど)。


で、瀞ホテルのレストランが開くまで河原でノンビリしていたわけなんだけど、なかなか開かないので通りすがりの方に聞いたら、11:30から(しかも予約がおすすめ)だそうな。あまりに時間があるので今回は諦め。
ちなみに、ここは3つの県が川を境界に接しているところで、右手前の瀞ホテル本館が奈良県、右奥の別館に通じる(床板がなくなっている)釣り橋を渡った先が和歌山県、北山川の左は三重県


ターゲット 和田川&赤木川
和田川 古所の谷口(11:14)~出会(ツキアイ?)
赤木川 出会~沈下橋(15:35)
11.0km(距離は短いが体力の限界)
移動 行き: 自宅(05:00)~R168~志古ジェット船乗り場(08:30)
   3時間30分, 距離不明
帰り: 瀞ホテル~R169~ 時間不明,距離不明
水位 赤木川 上長井0.33
前回より10cm水位があるんだけど…和田川は前回と余り変わらなかった感触
駐車場(古座川) 集合はジェット船乗り場(志古)
スタートは数台駐車可能
沈下橋近くは、路肩に数台,河原にも数台(こちらは4WD必要)
買出し 熊野川ACOOPもあるけど、夕食がてら新宮で入手
温泉 熊野川温泉さつき 500円
湯ノ口温泉 トロッコ往復付で860円
 今年から温泉が新しい建物に/無垢の木が気持ち良い
->
参加 Mor田さん
Kik川さん
Kur田さん
Ki本さん
私家族(3人)
== キャンプだけ乱入 ==
月座さん家族(3人)@白SX4
Yam川さん夫妻@緑ランドローバー
Yam川さん知り合い女性
たけちゃん@黒デイズRoox
Sa野さん@青Forester(多分私のと同じSH5)
その他 なし