先週は装備&体力不足で頂上まで行けなかった高見山なんだけど、天気予報を見て今年最後の機会!(前日が雨模様で氷点下で当日がそれなりに天気が良い)ってことで行ってきた。
結果として今年は終わってた




先週ちょっと雪が残っていた旧道はほぼ雪なし(代わりにつららあり)
やばいなぁと思っていたら案の定、高見峠(大峠)も全く雪がないし、ちょっと登った所に霧氷もない。こりゃ頂上もだめかなぁ…と思いつつ登山。
実際頂上までほぼ雪なし。ただ、登ってきた南斜面は雪がないんだけど北斜面は雪がそれなりに残っていた。ただどちらにせよ目的の樹氷はダメ
ちなみに当日が樹氷バスの最終日だった様子。


下山した時の高見峠は車5台。
ほぼ一緒に下った男性2人ペアの車(インサイト)が内装電灯つけっぱなしでバッテリーあがりっていうのが、唯一の(心躍る?)イベント。
彼等は飯高側に住んでいるので朝の山の様子で登山するかどうかを決められる(とはいえ今日みたいな状態はわからないみたいだけど)とのこと。これはうらやましい。樹氷は見れなかったんだけど、彼等のスマホの"エビ"の写真を見せて頂いて今回は満足ってことに。
そうそう、小峠から大峠の道が春には開通するとの噂。小峠経由の道は格段にいいらしいので次回はこっちを使うつもり


雪はなかったのだけど、行きにきになっていたつららをしばし見学。
なんたって太いところで4cm位に成長したつららを見るのは久しぶり。
ちなみにこの周辺の道路は(自動車だと気づかなかったのだけど)一面氷が張っていて歩いているとこけそうになる。気を付けないと。